レポート[report]

2017.
3.6

慶應義塾大学「法律家・法務人材を目指す人の為のキャリアデザイン」

慶應義塾大学「法律家・法務人材を目指す人の為のキャリアデザイン」
 ジュリスティックスでは、毎年、司法試験後と合格発表後に、法科大学院修了生向けに就活セミナーを開催しています。
 同セミナーでは、学部卒と異なる修了生独特の就活スケジュール(一般的には、3月に法科大学院修了~5月に司法試験受験~試験後から就職活動開始~9月に司法試験合格発表~結果を受けて司法修習、翌年再受験、就職活動などに分かれていく)を踏まえた準備の仕方、具体的には自己分析、業界研究、書類作成、面接対策などのコンテンツを修了生向けに特化した内容でご説明しています。

 また、今年からジュリスティックスでは、各大学と協力し、法科大学院新入生ならびに法学部生向けに、弁護士・法務人材のマーケット状況や法律家・法務人材のキャリアを紹介するセミナーをスタートしました。1月に大阪大学に学部生向けセミナーを開催し、今回は慶應義塾大学の法科大学院入学予定者向けにセミナーを開催致しました。

・69期司法修習終了者の就職状況
・69期採用数トップ10法律事務所
・5大事務所新人採用数推移
・修習期別の法律事務所採用人数の分布割合
・企業及びその他団体の69期採用状況
・2017年全国法律事務所・インハウスローヤーランキング
・各業種の勤続年数別の平均年収

 第1部では上述の、修了生、司法修習生、弁護士の就業状況など最新のマーケット情報を説明し、第2部では弁護士の具体的なキャリア事例を複数紹介しました。


 (※当日の様子と資料の一部)

 4月から法科大学院に入学予定の方々を中心に、法科大学院在学生にもご参加いただき、アンケートでは、
・「マスコミで報じられている状況とかなり変わってきていると感じた」
・「”法曹の就職難”という言葉をよく耳にし、不安でいっぱいだったが、その不安が少し解消された」
・「ネットでは得られないような生の情報が得られた」
・「配布資料もグラフが多く、視覚的に理解しやすかった」
・「自身のキャリアについては、法科大学院を修了するタイミングで考えれば何とかなると思っていたが、そうでないと分かって良かった」
・「サマークラーク等でも知ることができなかったことを知ることができた」
など多くの感想をいただきました。入学前に本セミナーに参加いただいたことで、参加された方々の法科大学院での生活、就職活動、キャリアに少しでもお役に立つことを願っています。
 4月には各法科大学院のオリエンテーション等で新入生・在学生向けに同セミナーを実施予定ですので、随時レポートして参ります。

慶應義塾大学法科大学院ホームページ http://www.ls.keio.ac.jp/